kanagawa racer

kanagawa racer ホーム » 
レースシム関係及び天体観測関係の記事 by さすらい。 Race07,rFactor,rFactor2,AssettoCorsa,GTR2,GTL,ProjectCars 
平成26年9月下旬に天体望遠鏡を購入して、宙オヤジ始めました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天体関係ブログ引っ越ました

RomanticNightlife
スポンサーサイト

伊豆スカイライン遠征

22日水曜日に貴重な夜間晴れるGPV予報だったので、近場に遠征してきました。
候補地は前回予報が外れて朝まで霧に包まれてしまった足柄の誓いの丘、伊豆スカイラインの韮山峠IC-山伏峠間の道路わきのP、JRトンネル上付近の滝知山P。
予報がいつもの様に徐々に悪化してしまったので、霧に包まれそうな誓いの丘はパスして伊豆スカイラインを目指す事に。

DSC_0232.jpg
国道1号の藤沢バイパス入りっぱなでネズミ獲りにかかってしまいました。慌てて白バイに走って行った停止誘導要員をミラーで確認しましたが、無駄な足掻きで逃走してみましたが赤信号車両に阻まれ御用となりました^^;
あからさまに逃げた様に感じない逃走をしたので、事後の処理は温厚でした(笑)。あのバイパスが制限60kmってのがそもそもおかしいんだよね。26km超過の青切符だったのが不幸中の幸いでした・・・・。
夕方から雨まで降る予報に悪化しちゃったので、早く行ってもしょうがないので途中買い物しながら現着したのが21時過ぎ。上空は晴れたみたいですが、伊豆スカ名物の霧に包まれています・・・・。
仕事終わってから出発されたkola29さんが22時過ぎに到着する直前に霧が晴れました!晴れ男交代ですね^^
セッティング、極軸合わせを終えた23時半頃から長焦点テストでM51を撮ってみました。
M51DSSWeb.jpg
M51子持ち銀河 EQ5GOTO赤道儀、EOSKissX7i、
QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド,ISO3200-240sec3枚 
dark3枚、DSS及びPhotoShopCCでスタック及び調整
ガイドはしっかりしようと信号は出してるんですが、反応悪くて戻るのが遅い感じがしました。要再メンテです。
メインのアンタレス付近を撮る為にカメラレンズでの撮影に切り替えようとした時に再び霧に襲撃されてしまいました。諦めずにセットして霧が晴れるのを待っていると、4月こと座流星群狙いのギャル2人に襲撃されました。今夜流星群ですよね?見えました?と質問されるも、うちら目的違うんでわからないと答えると、じゃあ何してるんですか?と来ましたw星の写真撮ってるんだよと回答すると、え?ただの星撮ってるんですか・・・・とdisる様な発言!星雲や銀河と答えれば良かったのかなw
それにしても深夜の山奥でおっさん二人の所に女の子二人で近づいて来るとは危機感なさすぎだよね。女には興味ない!星だけだぜ!!ってオーラ出てたんでしょうねたぶん(爆)
そんなこんなで霧が晴れて再び撮影開始出来たのが2時半過ぎ。枚数稼げませんがとりあえずアンタレス付近撮影してみました。
アンタレス付近JPEGWeb2
EQ5GOTO赤道儀、EOSKissX2改、
SIGMA APO70-300mmF4-5.6DG MACRO(F5-214mm)、
HEUIB-Ⅱフィルター、QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド,ISO1600-180sec9枚
Rstackerでダーク、フラット PhotoShopCCでコンポジット、トーン調整

青が出てないし他の色も地味です。枚数足りないのか露光足りないのかレンズが悪いのか腕が悪いのか。
固定で天の川も撮影してみました。
天の川2Web
EOSKissX7i、ISO3200-20sec1枚 
dark3枚、PhotoShopCCで調整

標高600m台あるし、南だけは暗いので肉眼でもうっすら見えてました。
南から南西専用ですが近くていい場所を追加出来ました^^

DSC_0238web.jpg
南方向

肘折温泉遠征

親戚と合計5人で秋田県鹿角市、山形県最上郡に用事があったので、ついでに望遠鏡も持参しました。
一泊目の秋田県では、GPVの予報は行く前から悪いのを把握していたので、がっつり飲んで食べて21時前には寝てました(笑)。
2泊目の肘折温泉は、予報が段々と悪くなっていきましたが、日付変わる頃には薄雲もなくなる感じだったので、4人が部屋出しの夕食を肴に日本酒を飲んでる中、食事だけ済ませて一人寂しく撮影に出かけました^^;
事前検討をgoogleマップとアースと光害マップで、宿泊先から近い湯の台スキー場近辺に絞っていました。宿に向かう明るい時に見た所、スキー場駐車場以外は2m近い積雪の為に無理そうだったので宿の主人に伺った所、やはりそこしかないとの事なので決定です!ちなみに宿の主人は若い頃、経緯台で眼視観望をしていたらしい^^

マップ
光害マップ湯の台スキー場
撮影場所
光害マップの総合数値2.9は、先日行った福島県田村郡の星の村天文台の4.5を抜いて遠征先トップなので期待大です。
googleマップではこの駐車場脇の道を登って行った辺りが電柱も電線も無く良さそうでしたが、この先進入禁止の看板がありましたし雪の壁で道路が塞がってました(笑)。
20時頃到着して設置場所を30分かけて吟味しました。スキー場の建物と電柱電線、雪解け水を避けて写真の車を止めた左側に決定。(写真の撮影場所は移動後)西風が時折強く吹きつけるので風よけ配置です^^
21時過ぎには予報に反し30度以上の空が晴れ渡ったのですが、相変わらず風があるので木星を撮る事に。2倍バロー噛ますとどうしても導入出来なかったのでRC6の1377mmの威力を試してみましたが、ちっさ!!
Jupiter_20150417_232204.jpg
EQ5GOTO赤道儀、RC61377mm、QcamPro4000、Registax6でスタック処理 23時22分

日付が変わる頃には常時吹いてた5m前後の風も治まったので、計画通り回転花火1点絞り込みで撮影!
時折突風が吹くコンディションだったし、8分以上露光すると熱被りが発生するので480secで撮影しましたが、残念ながらF9でM101には少々足りなかった模様・・・。
画像処理で無理やり引き出しましたが、こんな残念な感じになってしまいました^^;
600secは歩留まりも悪くなるのでレデューサーを使用すべきでした。
M101_H270418_web.jpg
M101回転花火銀河 EQ5GOTO赤道儀、EOSKissX2改、HEUIB-Ⅱフィルター、
QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド,ISO1600-480sec7枚 1時15分~2時7分
dark3枚、flat&flatdark10枚 DSS及びPhotoShopCCでスタック及び調整

続いてメインのアンタレス付近をカメラレンズで撮ろうとすると、時間経過と共に電柱が被るので場所変えを余儀なくされました。完全に設置場所選定ミスです^^;どうせ行き止まりだから最初から道路でやるべきだったorz
セットし直し、極軸合わせ、画角調整を終えた所で薄明り始まってしまい
終了・・・・・。
どうやら私とアンタレス付近は相性悪いみたいです。極軸追い込み不足でガイド不安定でのラスト一枚だけど、悔しいから載せておきます(笑)。
アンタレス付近
EQ5GOTO赤道儀、EOSKissX2改、
SIGMA APO70-300mmF4-5.6DG MACRO(F5-200mm)、
HEUIB-Ⅱフィルター、QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド,ISO1600-300sec1枚
PhotoShopCCでトーン調整のみ

撮影風景最初の場所
撮影風景さそり座
さそりが高笑いして逃げて行きました。
撮影結果は残念なものになってしまったけど、はくちょう座からさそり座にかけての天の川がばっちり見える程の素晴らしい星空を満喫出来ました^^

雪崩
旅館に帰る途中で小規模な雪崩現場に遭遇!

通行止
酷道458号線は肘折温泉に向かう道路との分岐点から寒河江方面は、一昨年11月から閉ざされたままらしい。

さくら
北天のぐるぐるをバックに桜を撮りたかったけど、あの辺り一帯はまだこんな感じでした。

RC6用鏡筒バンド製作研磨、穴あけ編

鋳造の終わった鏡筒バンドですが、14日に研磨および穴あけして完成しました。
DSC_0181.jpg
ベビーサンダーに#80、#200の仕上げ砥石を付けて磨きました。
鏡筒に接する内側と外側の面取りだけすれば良かったのですが、外側も磨いて光沢出しました。

DSC_0186.jpg
Bkp130の鏡筒バンドを見習うと、ミリネジ、ウイットネジと規格混在してましたが、同じネジサイズで再現したらタップが3本必要でした。

DSC_0187.jpg
バンドと鏡筒を密着させて、且つ変形させない為にフェルトをバンド内側に貼り付けしました。

DSC_0188.jpg
アリガタとバンドの取付ネジを締めこんだら、ガス溶接で肉盛りした部分が剥離するトラブルが発生したので、鏡筒天面側になる予定のバンドに穴を開けて、緊急回避して完成です。
研磨に1時間、穴あけに4時間近くかかってしましました。アルミは粘るから、ドリルでの切削も大変だった。

DSC_0190.jpg
こんな感じでの設置になりましたが、果たしてEQ5はこの重量に耐えられるであろうか^^;

そして15日夜久々に晴れたので会社屋上にてテストしました。
ガイドログはいい感じですが、問題は撮影した画像の微光星のか・た・ち!
phd2log0415.jpg

LIGHT_480s_1600iso_+18c_20150416-00h46m27s748ms.jpg
EQ5GOTO赤道儀、RC6、EOSKissX2、QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド
ISO1600-480sec1枚、フォトショップCCでレベル調整

無謀にも大光害地でM51を撮影してみましたが、行けそうですよね?
赤道儀メンテナンスで壊しちゃったかと焦りましたが、無事の太鼓判押せますよね!?

福島県で赤道儀テスト

3度目の正直で、予報の良い福島県田村市にある星の村天文台の南側駐車場へテスト撮影に
ロケハンも兼ねて行って来ました。
午前中に念の為に田村市役所に電話して、駐車場使用許可を得ました。
真冬並みの天気となったこの日、現地は早朝から雪模様みたいなので、先月末にノーマルに履き替えたタイヤをスタッドレスに再び履き替え直して、13時過ぎに出発。
途中首都高の渋滞にはまったり昼食を取ったりしつつ、常磐道ー磐越道経由で現地に17時頃到着、天文台受付にも事情を説明してからセッティング開始、極望による極軸合わせまでは18時過ぎに終わらせましたが、ドリフトで使う西の低空は曇っていて、低空の雲が時々薄くなり始めた21時過ぎにドリフトーアライメントまで完了しました。
M51を対象にしてテストしましたが、枚数追うごとに画像がずれていき、対象までもが流れています(笑
メッセで皆さんに伺うと、極軸ずれてませんか?とのお言葉。極望で確認してみるとずれずれ・・・三脚蹴っ飛ばしたりぶつかったりした記憶はありませんが、夕方から既に氷点下だったので、砂利の下の土が凍って隆起したり重量で徐々に沈んだのかも知れません。既に月も昇ってきてテスト目的だったし、極軸合わせからやり直したところ、うまくいきました。
RC6でのテストはこの辺にして、先日購入したシグマのズームレンズのテストをしてみました。薄明始まっていたので、ギリギリ1枚しか撮れませんでしたが、はくちょう座付近のNGC7000北アメリカ星雲でテストしてみました。
NGC7000_LIGHT_180s_1600iso_-3c_HEUIB2_20150409-04h19m04s275ms.jpg
EQ5GOTO赤道儀、EOSKissX2改、SIGMA APO70-300mmF4-5.6DG MACRO(F5-190mm)、
HEUIB-Ⅱフィルター、QHYⅡ5L-M&PHD2でガイド,ISO1600-180sec1枚
PhotoShopCCで色合い、トーン調整のみ

カメラ三脚忘れたので角度が悪いですが、固定30秒で撮影風景を撮ってみました。
Dark_IMG_1350_20150409_233532.jpg

なぜわざわざこんな遠くまでテストしに来たかと言うと、空気の一番綺麗になる夜半から薄明前までの時間帯に、今が旬?のアンタレス付近を南東から南の低空が開けていて暗い場所のロケハンを兼ねてたからです!
夏になると西の低空を狙う事になるので、北海道から新潟にかけてと紀伊半島南部、九州で撮影しなければなりません^^;
標高600mあり、南東から北西にかけての南西側は10°辺りまで、北東側は山があるので30°辺りまでは撮影可能だと思います。
南西の低空は郡山市街の光害で明るいですが20°以上は暗いので問題ないと思います。
田村市光害マップ


北


東


南

西
西

駐車場西端から東を望む
西から東を望む

駐車場南東端から北西を望む
南東から北西を望む

福島県には浄土平と言う有名所があるみたいです。あとは長野県のしらびそ高原、能登半島北部、奈良和歌山県境付近の鶴姫公園、護摩壇山スカイタワー付近等遠い遠征地候補に機会あったら行ってみたいです^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。